不動産オーナー様へ
不動産の購入には様々な手続きが必要となります。 ここでは不動産の購入の流れをご紹介します。
わからないことがあればお電話、メールにてご相談を承ります。お気軽にご相談ください。
不動産の購入形態には大きく分けて2つあります。 分譲物件と仲介物件です。

(1)分譲物件とは
売り主である不動産会社から直接購入する物件です。

(2)仲介物件とは
売り主から仲介の依頼を受けた不動産会社を通して購入する物件です。
不動産購入(仲介物件)の一般的なながれをご紹介します。
STEP1. ご購入のご相談
不動産のご購入のご相談をお受けいたします。
STEP2. 予算を決める
預貯金の額や住宅ローンの借入可能額などを確認して、予算の目安を立てます。
STEP3. 物件選び
ご希望条件に合わせて物件をご紹介いたします。
STEP4. 物件見学
気に入った物件があったら実際に現地を見学します。スタッフが同行し物件のご案内をさせていただきます。
STEP5. 媒介契約を結ぶ
ご購入したい物件が見つかりましたら、売買の仲介を正式に依頼する媒介契約を結びます
STEP6. 重要事項の説明
ご購入が決まりましたら、宅地建物取引主任者から、購入物件に関する重要事項の説明を致します。
STEP7. 不動産の売買契約を結ぶ
重要事項説明の内容を確認してご納得いただけたら、売買契約を結びます。この時、手付金をお支払いいただきます。
STEP8. 引渡し手続き
売買残代金の支払いと同時に、所有権移転登記と物件の引渡しを行います。